クリアネイルの治療

爪水虫は飲み薬を避けて塗り薬で治療すること

クリアネイルの治療で気をつけたいこと

Dr.G'sクリアネイルは爪水虫用に作られたお薬ですから、爪水虫にてきめんの効果を発揮します。

重篤な副作用の心配もなく(皮膚に合わず痒くなったりすることはあるかもしれません)、自宅にいながら簡単に治療出来るのが嬉しいメリットですが、それゆえに気をうけていただきたいことがあります。それは、治療を止める時期。

医師にかかりながら内服薬で治療を続ける場合、爪の様子や白癬菌の様子を見ながら薬の量を調節したり、服用を止めたりという処置をしてもらえますが、家で治療する場合、そこは完全に自己判断になります。

クリアネイルは使い始めて2~3週間程で効果が出始め、次第に爪の色がピンク色に変わっていきますから、見ようによってはすぐに治ったと判断してもおかしくありません。しかし、白癬菌は非常に生命力が強く、少しでも生き残りがいればたちまち繁殖し再発してしまうのです。

ですから、爪水虫の完治は症状の改善が見られたらではなく白癬菌がいなくなったら、ということになります。これが、爪水虫の治療に時間がかかる理由です。

爪水虫の治療期間は白癬菌に侵された爪が完全になくなって、爪が生え変わるまでです。つまり、足の爪なら最低でも半年程度はかかるということです。そのことを肝に銘じて、もう綺麗になったからといって治療を止めるようなことはしないでください。再発して、また一からやり直しというのはもったいないですから。

 爪の下まで浸透する市販薬「Dr.Gsクリアネイル」
 クリアネイルの治療で気をつけたいこと
 爪水虫を完治させる新薬チモールリキッド