爪水虫薬のクリアネイル

爪水虫は飲み薬を避けて塗り薬で治療すること

爪の下まで浸透する市販薬「Dr.Gsクリアネイル」

外用薬が爪水虫に十分な効果を発揮しないのは、硬い爪に浸透しにくいか、浸透する前に蒸発してしまって結果的に白癬菌を殺せないためです。

この問題点を改善し、爪水虫の治療のために作られた外用薬が「Dr.Gsクリアネイル」です。外用薬であるだけに、内服薬に懸念されるような重篤な副作用の心配をすることなく治療出来るというのが嬉しい品物です。

クリアネイルなら、なんらかの理由で内服薬の服用を避けている方や、服用を諦めざるを得なかった方でも治療可能な、水虫菌(白癬菌)に直接働きかけるトルナフタートという強力な殺菌成分よって効果的な治療が期待できます。

さて、ここで一つ注意をしておきたいのですが、もしかするとここまでのお話で、病院で処方される爪水虫薬は重篤な副作用が出る可能性があるがゆえに危険であると、不安を煽るような箇所があったかもしれません。

しかし、副作用の可能性があるのは他のどのお薬にもあてはまることです。比較的副作用を表す人が多い(吐き気や胃部の不快感など軽症を含めて)のは事実ですが、重篤な副作用を見逃さないために定期的な血液検査を行うのが普通ですし、医師の指示やアドバイスに従いながら治療を続けていけば、ほぼ確実に爪水虫を治すことが出来ます。

よって、決して病院で処方される飲み薬がいけないということを言っているのではないということを確認していただきたいと思います。

病院で爪水虫であるという診断を受けた上で、薬を飲めない事情があれば医師に必ず伝えてください。そこで代わりに軟膏タイプの水虫薬を処方され、これでとりあえず治療を始めて様子を伺うというのであれば、そのときは断然、クリアネイルがおすすめです。

 爪の下まで浸透する市販薬「Dr.Gsクリアネイル」
 クリアネイルの治療で気をつけたいこと
 爪水虫を完治させる新薬チモールリキッド